ZOOMオンラインセミナーをやってみたが、8年前のPCではスペックが追いつかない話

今日の出来事
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

オンラインでのZOOM セミナーをする機会がありました。

しかし、我が家のPCでは能力不足が露呈してしましました。必要なスペックはどれぐらい?

ZOOMオンラインセミナー配信 ホスト側のPC スペックはいくら必要?

プロセッサーとRAMの要件

 最小推奨
プロセッサーシングルコア1Ghz以上デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMDと同等)
RAM該当なし4Gb

注:

  • デュアルおよびシングルコアラップトップでは、画面共有時のフレームレートが低下します(毎秒約5フレーム)。ラップトップで最適な画面共有パフォーマンスを得るには、クアッドコアプロセッサー以上をお勧めします。
  • Linuxには、OpenGL 2.0以上をサポートできるプロセッサーまたはグラフィックスカードが必要です。 

上記の要件が必要のようです。

私のPC 環境

2012年のMacBook Airです。i5/1.8GHzって。。。

CPUで推奨を下回っているという有様です。

ミーティングに参加するだけであれば問題ないのですが、ホストをする場合に画面共有や録画なんてしようものなら、さよーなら状態です。

現在の環境

ATEM Mini

問題点

OBS経由で複数カメラと資料PDFをiPadで更に共有などすると限界

ATEM Miniを導入してハードウエアでコントロールしてみたが、フレームレートが10程度しか出ない。(品質をかなり落とした状態)

MacBook Air内臓のカメラ画質が悪すぎる。。。(仕方ないが。。。)

使っていないウエアラブルカメラを使っているが広角過ぎて部屋が見えすぎる(背景を入れ替える機能がzoom にあるのですが、スペック不足でできない)

とにかく、PCファンも回りっぱなしでマイクに音がのる事もありますが、そもそも映像が30フレームすら出ない時点で見てる方も見にくいだろうと思うのです。

改善すべきモノ

  1. PC を買い換える。
  2. 画質を向上させるためにWEB カメラを追加する。

この2点が必須と考えました。

※PC購入にはGPU必須

入れ替えPC案

自作PC

作るならRyzen7 3800x、GTX-1660 SUPER、32GB、約500GB SSD、あたりで作りたいと思っているのですが、もろもろやってみると結局10万円超えぐらいになるんですよね。

BTO PC

第10世代インテル Core i7とGeForce GTX 1660 SUPER搭載コンパクトゲーミングPC [SSD搭載]

117,980 円(税別)

 これもかなり希望の構成に近い。

M1 Mac mini

GPU的には落ちるけれども、コスパが良いのとコンパクトということでこちらも候補。今のMacBook Airからの以降もスムーズなこともある。

まとめ

Windowsパソコンにするほうが、将来的にアップグレードしやすいというのがメリット。

M1 Mac miniは、外付けGPUも対応していないので、万が一スペックに不満が出るとどうすることもできないというのがデメリット。

予算は18万円以内。モニターなども新調するので、これぐらいの予算にしているけども。

できれば安いほうがありがたい。うーん。

i7ではなくてi5でも良いかなぁ。でも25000円程度変わってくると大きいんだよね〜。