台湾

【台湾】Roaders Hotelに泊まる。路徒行旅

https://yasuhiro.me

どうも。

今回の台湾(台北)の旅行の宿泊は、Roaders Hotelにしました。

結構良かったのでご紹介します。

Roaders Hotelー路徒行旅ー

今回のホテルは、Roaders Hotel。

選んだ理由は、朝6時までチェックインが可能なこと。

深夜便を選んだ今回(関空23時台発)は、少しでも寝ることが翌日の遊ぶパフォーマンスを落とさない秘訣!

 

必ず現地で、現地の時間に寝る。

絶対現地の時間に合わせて初日は行動するのが、僕の海外旅行の鉄則なので、午前中について時差があっても絶対寝ません。

そのかわり、夜に到着したら、深夜であっても必ず寝る!

1時間でも2時間でも必ず睡眠をとり、遅くても朝8時には必ず起きて、初日眠くても絶対寝ずに、現地のよる時間に爆睡する。

これで。2日目には現地の時間で問題なく行動ができる。

それに対応できるホテル、そして、10連休のGWにもかかわらず安いこと。

当然、日本が長期の休暇だけど、世界は普通の日ですからね。(笑)

 

ホテルの雰囲気

落ち着いた雰囲気でしょ。

設備は?

デスク

今回泊まったのは、キングサイズのベッド一つのお部屋。

デスクは一つ。

ポットにコーヒー、紅茶、電話、アメニティ。必要最低限あります。

浴室

浴室は、シャワー室のみ。

予約する部屋によっては、バスタブもあるみたいですが、シャワーで十分です。

心配する人もいるんですが、水圧は、抜群に強いです。

シャンプー、リンス、ボディーソープは備え付けがあります。

ま、個人的には、いつも使っているシャンプーとかが一番いいかな。

トイレもきれい。清掃も十分行き届いていました。レビューには、汚いとかありましたけど、全く気にならない。

タオルも清潔で問題なし。

(台北は、トイレットペーパーを流していいようになってきているみたいだけど、このホテルは流していいのかわからなかった。念の為、水に溶けるティッシュを持っていき使った)

マットと、ドライヤー

ベッド

ベッドはこんな感じ。

一度、ベッドダイビングしているので、使用感ありますが清潔でしょ。

この部屋は、角部屋なので窓もありました。(窓なしの部屋あり)

写真のように、ポールにテレビがついている。

窓の眺望はそんなに良くはないですが、光が入るだけでストレスは減ります。

ちなみに、日本のテレビ番組も数チャンネル映るので、暇つぶしにはいいでしょう。

中国語は全くわからないので、天気予報とか映像だけで、雰囲気を感じ取っていました。

 

 

 

 

 

ロケーション

ホテルのロケーションは、いいほうだと思いますよ。

桃園空港から、台北駅までの24時間バスで移動。

台北駅からホテルまで徒歩15分程度。深夜に歩いてもそこまで治安が悪いようには感じなかった。

多くの観光客が近くのホテルに向かって歩いているので、安心かな。不安な方は、TAXIかUBERを使いましょう。

このホテルは、西門にも近いため、MRTの乗り場もスグあります。

西門も繁華街なので、観光にもいいですし、近くに沢山カフェやサンドイッチ店もあるし、コンビニもすぐとなりにあります。

マッサージ店も隣なので、とても便利です。(上手かどうかは、レビューをいろいろ見てみて下ださいね。)

地下1階のフロントと軽食サービスはとても便利。

地下1階は、フロントです。

エレベーターで地下に一度降りてから、チェックイン、チェックアウトします。

水やコーラ、コーヒーなどの飲み物がフリーです。

カップラーメンもフリーなので、夜中小腹が空くと重宝します。

そして、朝食時間帯は、サンドイッチやドーナツが提供されています。もちろんフリー。

どうもピントがあってない画像が多くて困る。

視力が悪くなってピントあってるかどうかさえわからずに撮っているのが原因でw

カメラのピピって言うピントあってますの音だけが頼りなのに、それでもこれかよ。。。

ま、画像の良し悪しはおいておいて、こんな感じの軽食はあるので、朝少し食べるのもよし。

台湾は外食文化なので、朝から食べに外へ行くのもいいかとおもいますので、朝食ありのプランを選ばなくてもいいかと思いますよ。

朝4時ぐらいから行列できるところもあるって言うし。。(恐ろしい。逆に起きれないよ)

まとめ

WEB SITE

http://www.roadershotel.com/index_E.php (英語)

http://www.roadershotel.com/index_J.php(日本語)

 

エクスペディアのレビューには、日本語話せる人もいると書いていましたが、僕の時はすべて英語でやり取りしました。

全く問題ないでしょう。言葉もわからなければ、翻訳アプリでなんとかなると思います。

紹介していないもので、簡単なジムもありますし、長期滞在で運動するもよしです。

地下1階のフロントには、ダーツやエアーホッケー、ソファーなどもあるので、宿泊者同士交流もできるしいい感じです。

フリーのWi-Fiもあるので、ネットも不自由しないと思います。(僕は、現地SIMの通信制限無いものを契約していったので、それで十分高速ネットが利用できました。)

次回、深夜便で台湾に行くならリピートしてもいいかなと思っています。価格もお手頃ですし。

個人的には、おすすめのホテルです。

 

 

スポンサード

-台湾
-, , ,

Copyright© Yasuhiro's Lifelog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.