【7月 1.4Kg減量】停滞期を抜けた。

LIFE
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

7月は、-1.4kg/月の減量となりました。

大体、体重の2.5%以内の減量に設定しました。

7月の減量結果

6月は、停滞期を迎え体重の変化が無かったのですが、7月は微減ながら-1.4Kgとなりました。

7月の最終週から、筋膜リリースをはじめました。

switchのリングフィットは継続するのがなかなか難しく、簡単な筋膜リリースをローラーで毎日行いました。

体重の変化に寄与しているかわかりませんが、肩こり部分が少し改善してきている実感があります。

また、肩の可動域も以前より大きくなって、目に見えてほぐれているのがわかるので、毎日やりがいがあります。

created by Rinker
自由国民社
¥1,320 (2020/09/28 02:43:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

食事内容は7月も変わらず

食事は、「お腹いっぱい食べること」、「夜はサラダとシリアル」「おやつは週に2回」のルールを継続中です。

今月は、おやつの量は減らしました。食べても、食事と一緒に甘いものを食べるようにしています。

created by Rinker
¥660 (2020/09/28 02:48:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

7月の主な食事内容

朝食
  • 食パン 4枚切り 1枚
  • コーヒー
  • サラダ
  • ヨーグルト

※日によって、目玉焼きやハム・チーズをプラスする日もあります。

 

昼食
  • 好きなものを腹いっぱい食う

※なんでもOK。お米もラーメンも油モノも何でも食べていいことにしています。

量が少なかったり、ストレスがたまると逆効果ですので、思う存分食べて満足させます。

 

夕食
  • 日清シスコ ごろっとグラノーラ 3種のまるごと大豆 糖質60%オフ 20g (牛乳や豆乳100g)
  • サラダ(腹いっぱい)
  • 粉末青汁は、シリアルに入れず飲むように変更しました。

※シリアルは40gから20gに減らしました。夜、お腹が空かなくなってきているので、少量で十分お腹いっぱいになるようになりました。

 

まとめ

7月は、停滞期を乗り越えなんとか体重が減りはじめました。

筋力が落ちては代謝も減ってしまうため、筋膜リリースを取り入れて筋肉を柔らかくすることからはじめています。

あとは、胃袋が小さくなったのか、昼食をしっかり食べるために夕食の量が減ってきました。

まずお腹が空かないため、量を減らして調整しています。

また、いくらお腹空いていなくても、夕食を抜くことはしません。

3食きちんと食べ、減量する事が重要です。

created by Rinker
自由国民社
¥1,320 (2020/09/28 02:43:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥568 (2020/09/28 02:48:14時点 Amazon調べ-詳細)