【3か月で7キロ痩せた】運動も何もせずコロナ太りを回避しよう!

LIFE
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

実は、今年の1月には100Kgと言う大台に乗ってしまった豊満ボディだったのですが、これではいけないという事で痩せる決意をしました。

ただ、いきなりつらい事は続かないので、食事だけで痩せようと始めました。ご興味ある方はぜひどうぞ!

外出自粛でコロナ太りを回避しよう!

外出自粛でジムや運動ができない人もいるかと思います。

いつものように、公園を走ってる人は問題ないと思いますが。。。

私のような引きこもり在宅のプロとして言わせていただくと、外出自粛は天国のようなものです。

逆に外出する方がストレスになるので、だんだん太っていき全盛期より30Kgも太ってしまったのでした。

楽して痩せよう。

しんどい事はできません。なんといっても100Kgですから。

以前は、運動をしていたので細マッチョといっても誰も信用しませんが、引き締まっていたのです。

デスクワークの仕事に変わってから、どんどん太っていきました。

以前は、運送系で働いていたので、食べても食べても太らない、それだけ動いていたという事です。

しかし、食べる量が変わらないのに、デスクワークになったものでどんどんカロリー摂取しすぎで太ったわけです。

 

食事だけで痩せる。

今回実質1月からダイエットを始めていますが、本格的に食事を変更したのは2月。

2月から4月末までで7キロ痩せました。

食事内容をまとめます。

 

朝食
  • 食パン 4枚切り 1枚
  • コーヒー
  • サラダ
  • ヨーグルト

※日によって、目玉焼きやハムをプラスする日もあります。

 

昼食
  • 好きなものを腹いっぱい食う

※なんでもOK。お米もラーメンも油モノも何でも食べていいことにしています。

量が少なかったり、ストレスがたまると逆効果ですので、思う存分食べて満足させます。

 

夕食
  • 日清シスコ ごろっとグラノーラ 3種のまるごと大豆 糖質60%オフ 40g (牛乳や豆乳100g)
  • サラダ(腹いっぱい)
  • 粉末青汁をシリアルに入れる

※サラダが温野菜やお鍋になることもありますが、野菜オンリーです。

これを食べています。大豆と豆乳と合わせて食べてもおいしいです。

タンパク質も取れるのでおすすめです。

甘くはないですけどね。

 

とにかく腹いっぱい食べる。

制限するのはただ一つおやつを週2回に限定すること。(おやつ食べなくてもストレスフリーな人は食べない方がさらに良い)

ドレッシングもマヨネーズもOK!

全然、ストレスフリーで大満足。お腹いっぱいで動けないぐらい。

でも、初めは体重落ちないのですが、だんだん体重が落ちていきます。

運動もなにもしませんが、とにかくカロリーは減っていると思います。

今までは、夜が一番食べていたので、それをやめるだけでも違います。

夜は寝るだけなので、カロリーが無くてお腹いっぱいに脳が騙されるとそれで十分です。

お腹すく前に寝てしまうのがベストです。

 

[st-midasibox-intitle title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”black” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

ゆっくり食べる(よく噛む、いつもの3倍ぐらいの時間をかけてゆっくり食べる)

[/st-midasibox-intitle]

※懐石、コース料理ってちょっとずつ出てきて少ない量でもお腹いっぱいになると思うんですが、それと同じ要領です。

 

まとめ

これをやったすべての人が痩せるわけではないと思います。

ま、簡単に言えば、摂取エネルギー量(食べる量)が消費エネルギー量(運動する量)より多くなってしまっていることが太る原因なので、自分の消費エネルギー量を計算してそれより低くすればいいわけです。

でも、もともと痩せている人が体重を落とすのは難しいことです。減らす脂肪がないからです。

 

私は、一般の人より30㎏重い脂肪を毎日身体にくっつけて活動しているので、理論上70Kgの人より筋肉はあります。

私と同じような筋力にしようとすると、70Kgの人は毎日30Kgの重りをもって生活しないといけないので大変です。

 

食事だけで、活動量は変わりませんので、この方法である程度体重を落とすと停滞する時が必ず来ます。

筋肉をつけることと体脂肪を減らすことを同時にするのは難しいと思いますので、

その時点からスクワットを開始することで、消費エネルギー量を上げていきます。

また月末ぐらいに経過報告を記録いたします。