乾燥の季節到来!Steam Cube 加湿器を買ってみた。

商品レビュー
Yasuhiro's Lifelog
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

乾燥する季節になりました。

今回は、スチーム式の加湿器 Steam Cubeを購入しました。

Steam Cube

※内容が異なる場合がございます。詳細は公式サイトにてご確認下さいませ。

https://www.yamazen.co.jp/yamazenbook/product/humidifier/KSF-K28


選んだ理由

  1. スチーム式
  2. 大容量
  3. メンテナンスがしやすい

この3つで選びました。

スチーム式

超音波式は安いのですが、前回超音波式を購入してカビが発生してしまったので、絶対スチーム式と決めていました。

カビが生えると部屋中にカビ菌がばらまかれて、身体も部屋もだめになってしまうので、清潔なスチームと考えて第一条件としてあげました。

大容量

夜間、睡眠時の乾燥で喉が痛くなるので、睡眠時間7時間以上動いているのが希望。

  • パワフル:約4.5時間 600mL/h
  • 標準:約7時間 400mL/h
  • ひかえめ:約14時間 200mL/h

標準、控えめでも十分なのでこの機種に決めました。

メンテナンスがしやすい

よくあるタンク式は、細かい部分まで洗浄が難しい場合が多く、別売りのタンク洗浄洗剤を買ったりして洗う必要がありました。

この機種は、窯がごっそり取れるんです。(炊飯ジャーみたい)

これで、窯を取り外し給水もできるし、掃除も楽ちんです。これは大きなメリットです。

 

Yasuhiro’s Lifelog

Yasuhiro’s Lifelog

その他 いいところ

部屋の湿度UPが結構いい!

標準で6畳の畳部屋は、60%ぐらいまであっという間。

そしてスチーム式なのでお湯を沸かすのと同じようなもので、部屋が暖まります。

ストーブの上の夜間的なイメージ。これからの冬にはとてもいいです。期待大!

デメリット

湯沸かしのようなものなので、寝ているときは少し音が気になる人もいるかも知れません。

私の場合は、全く気にならないので寝てしまいますが、気になる人は気になるのかな?

あと、部屋の湿度を計測しないので、常に加湿します。

天候により湿度が高い日などは、途中で自動切り替えできないので、夜起きてモード切替する必要があるので、少し面倒な時があるかな。

面倒なのでスルーすると、意外と7時間持たずに止まっていることがある。

このあたりのコンピューター管理ができるとなるともう少し値段が上がってしまうので、この値段だとここまでかなと言うところは理解もできる。

結局、ないものねだりで欲が出てしまうというもの。

そういう機能がほしければ、お金を出しなさい自分と言う感じですね(笑)

まとめ

まだ購入して日は浅いですが、お気に入りです。

夜間の咳込みも減りましたり、喉の乾燥も無く喉の痛みもありません。

価格もお手頃で、スチーム式なので個人的には買ってよかった2019年の品に入ります!


こちらの記事もどうぞ

[st-catgroup cat=”0″ page=”5″ order=”desc” orderby=”id” child=”on” slide=”on” slides_to_show=”3,3,1″ slide_date=”” slide_more=”ReadMore” slide_center=”on” fullsize_type=””]