povo2.0は、自宅に居ながら契約から開通まで簡単にできる!

SIMフリースマホ
この記事は約4分で読めます。

povo2.0

月額料金0円で自分にあったオプションを選ぶだけ。

KDDIの格安ブランドで登場したpovo2.0ですが、0円運用ができるSIMは楽天モバイルに次いで2番めになります。

何もしない0円維持できるのは6ヶ月までで、それまでに何かトッピングして利用しないと解約になってしまうそうです。

契約はとても簡単

スマホアプリから契約をします。

店舗に行くこともなく自宅でスマホ1つあれば契約することができました。

povo2.0アプリ

povo2.0アプリ

KDDI CORPORATION無料posted withアプリーチ

準備するもの

  • 身分証明書(運転免許書、マイナンバーカード、在留カードのうちどれか1点)
  • クレジットカードもしくはデビットカード
  • SIMフリースマホ(SIMロック解除済み含む)

利用できるデビットカード

  • VISAデビットカード
  • JCBデビットカード
  • JCBプリペイドカード

※MasterCardデビットカードは利用できませんでした。

利用できるクレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

メールアドレス登録確認(ここからアプリ)

povo2.0アプリで登録をします。アドレスを入力してメールの有効性を確認します。

今後このメールアドレスがログイン時に必要になります。

本人確認と個人情報の入力

先のメールアドレスをアプリで入力して画面の指示に従って勧めていきます。

電子本人認証(eKYC)での登録になります。

登録が終わるとメールアドレスにメールが届きますので、確認後「本人確認を行う」ボタンを押して、更に画面の指示通り勧めていきます。

本人確認が完了すると発送手続へ

入力した情報で本人確認が始まり、完了すると荷物番号などがメールで知らされます。

アプリ内でも発送準備に変わったことが確認できます。

SIM到着

本人確認が完了した翌日にはSIMが到着しました。

SIM開通手続き

SIMカードの場合
  1. 契約後、SIMカードを受け取り
  2. SIMカードの有効化を実施(povo2.0アプリにて下記カードのバーコードを読み取ります)
  3. SIMカードを端末に差し込む
  4. 通信利用設定(APN設定※1)を実施
  5. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける
  6. 開通手続き完了

APN設定は、SIMと同梱されているスタートガイドに記載されていますので入力することでできます。iPhoneはQRコード読み込めばできると思います。

111に発信し、接続試験は終了です。ありがとうございました。って聞くことができれば通話もOK! データ通信は128kbpsなので、かなり遅いですがツイッターなどの表示や書き込みのテストをしてみてできればOKですね。

まとめ

とにかく、自宅から一歩も出ることなく契約が完了しました。それもスマホひとつで完了ですのでとても簡単です。

以前は、店舗に行ってかなりの待ち時間を待って、契約書にサインして控えを持ち帰っていたあの時間が無いというのは素晴らしいです。

楽天モバイルでも簡単に契約できましたが、povoも同様に簡単にできましたし、とにかくSIMが翌日に届いてすぐに使えるっていうのが便利極まりないですよね。

何もトッピングしないで利用するのは現実的では無いぐらいの通信速度の遅さ

がデメリットぐらいでしょうか。

128kbpsでは、正直WEB閲覧もツイッターも厳しいぐらい遅いです。

上下共0.06Mbpsでした。やっと2テンポも遅れてアップされる感じ。ストレスは大きい。

電話の発着信しか使い物にならないと思います。

自分が毎月どれぐらいの通信容量が必要がかというのが把握できていないとpovo2.0をうまく使いこなせないのではないかなと思います。(逆にpovo2.0のみで運用する事は個人的にまだ不安が大きい)

私は基本的に在宅系なので、OCNモバイルONEで1GB+繰越分、楽天モバイル1GB内(合計2〜3GB以内)で1ヶ月大丈夫というデータ通信量です。ほぼ自宅Wi-Fiで大丈夫。

povo2.0の運用は次の場合に限り使う予定です。

旅先でライブ配信する時に今までは楽天モバイルで使った分の料金支払いでしたが、povo2.0のデータ使い放題(24時間330円)にすることで、1日中配信も可能ですし旅行の日数分トッピングするだけで済みます。

3日どれだけ使ったとしても990円、楽天モバイルであれば3GB〜20GBで2178円になります。

かなりのコストカットができるということもありますので、うまく運用すれば安く運用が可能になります。(面倒ですが。。。)

タイトルとURLをコピーしました