2020年もありがとうございました。

お知らせ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

2020年も今日で最後になります。このブログをお読みくださった皆様に感謝です。

2020年を振り返る

2020年、Covid-19の流行で私達の生活は2019年までの生活と一変してしまいました。

私は、比較的引きこもり生活の人間なので、自粛など全く苦にならないので救われましたが、多くの人は環境の変化に対応するのが大変だったのではないでしょうか。

私生活

2020年1月から休職し、5月末で退職となりました。

その後は体調不良もあり、現在は自宅療養継続中です。最近は、体に合う薬が見つかってきたおかげで、夜間の睡眠も取れる日が増えてきました。

ま、言っても数時間ですけどね。睡眠薬を強くすると日中の睡魔で一日廃人になってしまうので、夜間の数時間寝ることで体と脳を休めることにしています。来年はこの睡眠時間を増やしていくことで、通常の生活を送ることができる前準備になりそうです。

また、この睡眠障害が改善しないと通常の勤務に耐えれないと医師からも言われていますので、個人的には自分でスキな時間に働ける個人事業主で来年中の復活を目指します。

ありがたいことに、オンラインでの仕事が認知されて多くの人が慣れ親しむ機会が増えたこともあり、リアルに合ったり移動しなくてもビジネスができる環境に日本もなったということが、このコロナ禍の変化で最もありがたい一つです。

故に、実際に日本の各地やアメリカ在住の日本人の方を相手に、お仕事をする機会にも恵まれました。

体調が安定すると、この御縁で世界各国に住む日本人の方とのビジネスをしていける光も感じました。

これは、実際世界中でこの感染症が流行しなければ、実現しにくかったビジネスでもあり、私のスキルがお役に立つ時代に急激に変化したとも言えます。

追い風といえる環境かもしれません。

旅行

当然2020年はオリンピックも延期になるぐらいですので、ヒトの移動が制限される事となりました。

良くも悪くもGotoキャンペーンがあり、それを利用する旅を一度することができました。

私の周りも旅行業で働いている人がいるため、今年は殆ど自宅待機で給与も減ったそうです。そんな話を聞くとやはり感染が収まったら旅行を予定しようと言うことで10月末に北海道へ行きました。

今年唯一の国内北海道旅行でした。

2019年は台湾マレーシア

密かに、東南アジアに短期移住とかも考えていたんですね。去年までは。

なので、実際に住めるかなども考えて旅行したんですよ。タイ、マレーシア、台湾、シンガポール、ベトナム。などが候補だったんですが、治安とか考えるとマレーシアかなと。

物価も安いし、そこそこクアラルンプールは発展してるし全然日本の生活と変わりなくできました。

いちばん大切なのは、食事が合うかどうか。台湾は八角がちょっと苦手でしたが、基本的に美味しかったし、親日の人も多く若い人は英語も話せるので、言葉はそんなに苦労しなかった。高齢の方は日本語も話せる人もいたし。

マレーシアは、英語でコミュニケーションは取れますが、必ずしもすべての人が英語を話せるわけではなかったです。でも、日常生活で困ることはまずなかったですし、GRABがとにかく便利で安い。移動と食事はとにかく安かった。夏の暑さ以外は最高だった。

感染症が落ち着いたら、もう一度マレーシアに行き短期滞在をしてみたいと考えてます。

まとめ

2020年は、このブログもそこそこ更新できるようになってきましたし、多くの人にアクセスしてもらえました。ありがとうございます。

2021年は、雑記ブログから少し脱出した形で、多くの人が必要とする情報などを更新できればなと考えています。

今後ともこのブログをよろしくお願い致します。