【悲報】Google フォトストレージ、無料無制限が終了と言うお知らせが届いた日

今日の出来事
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

先日100GBの契約をやめて、画像はAmazonフォトへお引っ越ししたところ。

グーグルのデーターもかなり断捨離して無料範囲に収めたところでした。

そうしているところ、今日このようなメールがとどいていました。

2021年6月1日以降「高画質」設定での容量無制限アップロードを終了

2021年6月1日以前のアップロードは今まで通り無料

あなたの容量はいくら残っていますか?

google

下記からあなたの残量をみることができます。

私は4年分の残量が残っていると書かれています。(つい先日断捨離とAmazonフォトへ移動したために空きができました)

しかし、2021年6月1日以降はグーグルドライブのデータも合わせていくと、4年以内に満タンになるでしょう。

Amazonフォトに切り替えたとして、データだけで無料ストレージをやりくりする事になりそうです。

Google Pixel 3 〜 5 の端末からの「高画質」アップロードは引き続き無制限

Googleから販売されているスマホでの高画質写真は引き続き無制限で保存できるようです。

Android端末を使っていると、Google フォトへアップするのがとても便利でラクチンルーティンだっただけに残念です。Google pixelだけって。。。

Amazonプライム会員はAmazonフォトがオススメ

Amazonプライムを契約している方は、Amazonフォトをオススメします。

せっかく年会費を払っているのですから、無制限・圧縮なしで写真を保存できるサービスを使わないのはもったいない。

これを機会に使ってみては以下かでしょうか?

ただ、容量無制限なのは写真のみで、動画は5GBまでの制限ありです。

あと、個人的にGoogleフォトより少し使いにくい感じがします。

グーグルフォトとワードプレスの連携

私はこのブログを書く際に、写真はグーグルフォトから取り込んでいました。

このように、画像を入れる際はGoogleフォトから読み込むだけで良いと言う便利さだったのですが、運用を変更する必要があります。

無料のストーレージないでおさめるようにしないといけませんね。

運用方法の変更

スマホで撮影したものだけにするとか。。。

ミラーレスで撮影したもの(JPEG)は、スマホにWi-Fi転送してからGoogleフォトに統一していたのですけど、これがデータ量を圧迫したのは言うまでもありませんが。

少し運用方法を考えないといけませんね。

先にも触れましたが、Amazonフォトぐらいが思い当たらないのですが、プライム会員であれば使う価値はありそうです。

動画に関しては、あら編集をしてYOUTUBEへUPしてしまうと言うのもありですね。

まとめ

無料で使えるサービスは、提供する側にもメリットがあるから行われている事で、Googleもそのメリット部分の享受はあったのかなと想像します。

多くに人がこのサービスを使い、たくさんの写真がアップロードされているわけですので、多くの情報が手に入ったのかなと思います。

さらに、データが多くなれば、サーバーの管理メンテナンスにも膨大になりコストもかさむので仕方ないですね。

スマホで簡単に撮影できるようになったので、スマホの保存容量も圧迫していますよね。

アンドロイドにしたのも、SDカードを入れることができてデーター容量を気にする必要がなくなるようにするためだったのですが、それでも容量は圧迫されるので、無料のGoogleクラウドサービスはありがたかったのですが。

個人的には、Evernoteを始め、ネットフリックスやAmazonなどサブスクに支払う金額は少額ですが、積もり積もって結構な金額になっていますので、サブスクの断捨離もしないといけないなと考えているところです。