今日の出来事

 ドコモ「ahamo (アハモ)」発表で楽天アンリミットからの流出がふえるか!?

ドコモが突き抜けたプランを発表しましたね。

楽天のアンリミットと同じ2,980円なら、ahamo (アハモ)に乗り換え期待大ですね。

ドコモ「ahamo(アハモ)」

ドコモ報道資料より

提供開始日

2021年3月 (提供開始日は決まり次第お知らせ)

提供内容

ドコモ ahamo楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V
月額料金2980円(税抜)
別途ユニバーサルサービス料がかかります。
2980円(税抜)
別途ユニバーサルサービス料がかかります。
月額利用可能データ容量20GB無制限(楽天回線エリア)
月5GB(パートナー回線エリア)
利用可能データ容量超過後速度送受信時最大1Mbps楽天回線エリア外は、5GBを超過すると最大1Mbpsで使い放題
音声通話1回あたり5分以内の国内通話無料
「SMS(1通あたり3円)」、
(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)の特番、番号案内、
衛星電話などへの発信は対象外
5分をこえる国内通話は20円/30秒
Rakuten Link アプリ利用で国内通話かけ放題
SNS アプリ利用で無料
アプリ未使用時 30秒20円
アプリ未使用時 70文字3円
通話オプションかけ放題(月1000円)
ネットワークドコモの4G/5Gネットワーク4G/5G
新規事務手数料0円0円
解約金・NMP 手数料0円0円

キャリアメール

ahamo や楽天アンリミット共に 提供なし。

ahamo先行エントリー

 申込み方法

オンラインのみ

まとめ

1ヶ月の利用が20GBまでのユーザーであれば楽天モバイルからahamoへの乗り換えが加速する可能性がありますね。

正直、私も「ahamo」に乗り換えを検討しています。

楽天モバイル アンリミットを使っている感想として

室内や場所によっては圏外になる

これが一番のBAD要因。1年無料でも通信できない場所があることは致命的です。

コンビニ店内で圏外になり 楽天PAY での支払いができなくなってしまったこと。

次に問題だったのは、楽天PAYで支払おうとして圏外になり支払うことができなかった。

上記2点が楽天アンリミットでの最大の問題。

通信としてのそもそもができていないということは、無料であっても意味を成さないことです。

「ahamo」の期待値として。

 ドコモエリアであることで、通信エリアは安心。

無料期間が終わるタイミングで楽天と同じ2980円であれば通信エリアの安定通信が約束されていることが一番のメリット。

1ヶ月の利用が20GB以下で足りる。

自分の使用量が1ヶ月20GB以下なので十分対応できるので、価格が同じであれば乗り換えのメリットは高い。

注意事項

通話を無制限にするには、「ahamo」は別途月額1,000円が必要なので、プラン的には1000円のひらきはありますが、1回の通話が5分以内で終了するのであれば追加の1000円オプションは必要ないので使い方次第になります。

店舗での手続きができないので、オンラインで申込みできない人にはハードルが高いですね。

すでに楽天モバイルアンリミットを契約の方

すでに楽天モバイル アンリミットを契約の方は、とりあえず無料期間が終わるまで使い続けるのは1つの手かなと思います。

期限が終わるタイミングでエリアや、他のサービスも考えてお得なキャリアに乗り換えるのが良いと思います。

これをきっかけに、格安シムの動向も注視する必要がありそうです。

-今日の出来事
-,