【UNDER ARMOUR】UA スポーツマスクを買ってみたら、超快適マスクだった!

商品レビュー
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

少し高めのマスクですが、スポーツマスクと言うものを買ってみました。

さすが、アスリート向けに作られたマスク。息のしやすさ抜群です。

【UNDER ARMOUR】UA スポーツマスク

良い点

呼吸がしやすい。

アスリートのためのパフォーマンスマスクと言うだけのことはあって、とにかく第一印象はすごく息がしやすいことです。

フィット感が良い

鼻に当たる部分がフィットするし、肌触りも快適。今までいろんなマスクを試してきたが、このマスクが今まで購入した中で快適度1位です。

色は4色

注意点

マスクのサイズは購入前に測定する事が望ましい。

出典:https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/SportsMask.html

事前に鼻から耳までの距離を測定して自分のマスクはどのサイズかを確認してから購入する事が良いでしょう。衛生面の問題で、購入後にサイズが大きいとか小さいとかで返品ができないので、注意が必要です。

created by Rinker
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
¥3,300(2020/11/29 10:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

ケース付き

UNDER ARMOUR UA SPORTS MASK

マスクのケースがついています。持ち運びに地味にありがたい。

繰り返し洗って使える。

水と洗剤を使った手洗いが可能で、繰り返し使用できます。洗濯方法や使用用途によって変わってきますが、マスクの機能や効果につきましてはマスク自体の寿命と同じく持続します。

https://www.underarmour.co.jp/ja-jp/SportsMask.html

丁寧に洗えば長く使えそうです。3300円もマスクにお金を出すかって言われそうですが、繰り返し使えば1回のコスパは下がります。3ヶ月毎日使えば、ほぼサージカルマスクと同じぐらいになるのではないでしょうか。洗い替えでもう1つ買ったとしても半年で2つをローテーションすればコスパも下がります。

1つ買ってみて良いなと思えば買い増しするのが良いかもしれませんね。

4つの機能

抗菌効果

汗をかいた後に、においのもととなるような細菌の増殖を抑える効果です。UAスポーツマスクは洗濯が可能ですが、30回洗った後でも効果が変わらないことが確認できています。また、専用キャリーバッグの内側にも抗菌加工が施されており、持ち運びや保管中でもキャリーバッグに入れておけば細菌の増殖を抑えることができます。

冷感効果

先行販売の時点で「接触冷感」については既にお伝えしていましたが、今回の試験結果により、その効果がさらに客観的な数値で証明されました。”q-max”と呼ばれる接触冷温感評価値(最大熱吸収速度)を測定したもので、簡単に言うと生地に触れた瞬間に、人がどれくらいひんやりと感じるか、を数値化したテストです。一般的にq-max値が0.2以上のものが「接触冷感素材」と呼ばれますが、UAスポーツマスクの値は0.298とこれを大きく上回りました。まだまだ暑さが厳しい中でも、接触冷感効果を実感いただけると思います。

花粉カット

花粉透過性試験で、花粉を99%カットするという結果が出ました。UAスポーツマスクを着用すれば、花粉を吸いこむことはほぼありません。花粉の多くなる時期が来ても、安心して外出や屋外での運動を楽しんでいただくことができます。

UVカット

紫外線をどの程度遮断できるかを表すUPF(UV Protection Factor:紫外線保護指数)という指標で、UPF 50+という最高の数値が出ました。UAスポーツマスクをつけていれば、強い日差しの中でも日焼けしにくいという効果があります。

created by Rinker
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
¥3,300(2020/11/29 10:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

装着してすぐに感じた事は、呼吸がしやすい事です。

サージカルマスクは、夏場暑いし呼吸もしにくいので、とてもマスクしていると辛いものでした。

しかし、このアンダーアーマーのスポーツマスクは、呼吸のしやすさが第一に感じます。とても好印象です。

さらに、肌触りが良いので心地良いです。汗による菌の増殖も抑制できる様ですし、花粉やUVカットもできるそうです。

これからの季節は、寒くなるのでサージカルマスクの方が良いところもあるかもしれませんが、呼吸を優先するなら間違いなくこのマスクがオススメです。

TPOに応じてサージカルマスクと使い分けるのも良いかもしれませんね。

インフルエンザもこれから流行る季節ですので、賛否あるマスクですが余計な揉め事を防いだり、感染予防も少しは役に立つ様ですので、うまく使っていければ良いですね。

ま、マスクが100%予防できる万能アイテムではありませんので、手洗いや飛沫を飛ばさないなど、他にできる予防対策もしながら、お互いの感染抑制に努めて冬の感染再拡大をコントロールできるように一人ひとりの行動を責任持ってやっていきましょう。