Smatree DJI Osmo Pocket 2/1 充電器を買ってみた。

商品レビュー
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

DJI OSMO POCKET1のバッテリーの持ちが悪いので、充電しながら撮っていたのですが、あまりにもケーブルがぶらぶらとモバイルバッテリーまで伸びるのがスマートでない、と言うことで、今回はこちらを購入してみました。

Smatree Dji Osmo pocket 2/1 充電器を買いました。

今回購入したのがこちら

こちらは、Pocket 1/2の両方で使用が可能です。

また、2ウェイの使い方が可能です。

直接オズモポケットを差し込んだ方法

ダイレクトに給電、充電が可能です。

もう一つは、スマホとオズモポケットを使う方法

こちらはスティック部分からUSB-Cケーブルでオズモポケットと接続して給電、充電します。

このモードは、三脚ネジにスマホホルダーとPocketのアタッチメントをつけますが、三脚ネジにGoProのアタッチメントをつけるとGoProも利用可能です。

将来の買い替えにも対応可能な点が購入の決めてです。

5000mAhの容量があるのである程度の連続撮影が可能になります。

このオズモポケットは、バッテリー本体内蔵なので交換オプションもなかったと思います。劣化して稼働時間が短くなると、もう使いみちがなくなってしまうのはもったいないですよね。

なので、ウチのオズモポケットも初代でバッテリーも劣化して100%充電ができなくなってきています。

これで、延命をして次はGoProへ変えてみようと思っています。

まとめ

前回、大阪城公園へ散歩に行った際、バッテリーは55%だったのですが、撮影できたのはたったの20分だったのです。

いやいや、いくら寒いからと言っても、これでは少し厳しいですよね。

結局は、ボツ動画になりました。

旅行に行けるようになったときに、一日一時間も持たないのであれば少し問題ですよね。いっそ、スマホで全部撮影しようと言うことになりかねません。

スマホで撮影しないのは、結局撮影中に連絡が入ってしまうからなんですよね。

スマホは写真、動画はアクションカムというふうに使い分けて運用したい。

デジイチを持ちあるけど、最近はそれすら荷物で高級コンデジで十分だと感じています。

自分の用途に合う、ミニマムで軽くて運用しやすい仕組みを早く構築したいと思います!