ワクチン接種券がやってきた。

今日の出来事
この記事は約2分で読めます。

とうとう我が家にも、ワクチン接種券が到着しました。

大阪市の大規模摂取会場は予約が取れない状況になっています。

ワクチン接種券

内容物

  1. ご案内
  2. 接種券
  3. 予診票2枚
  4. 説明書

この4点が入っています。

ワクチン接種会場

大阪府ワクチン接種web予約

下記URLからの予約とLINE経由で予約システムにもアクセス可能です。

LINEの場合は、大阪府のアカウントを友達登録する必要があります。

大阪市コロナワクチン接種

場所
予約

まとめ

ワクチンの接種は、個人の自由です。この記事もワクチンの接種をすすめるものではなく、必要な方への情報提供ですので、ご理解よろしくおねがいします。

大阪市は43歳以上には接種券が発送されていて、それが届いたということになります。

サイトにアクセスするためには、接種券に書かれている接種番号とパスワードを入力し、個人情報を入力する画面に移行します。

メールアドレスを登録して、アドレスの確認でメールが送られてくるので、記載のURLを踏んで登録完了。

次に、再度ログインをしたら、パスワードの変更を指示されるので変更して、やっと予約が可能になります。

こういう作業になれている世代は大丈夫でしょうけれど、高齢でスマホに慣れていないやPCに慣れていない人にはやはり電話予約が便利なんでしょう。

65歳以上に制限されているときは、ネット予約にも空きがあるように報道されていましたが、流石に43歳以上になるとネットでの予約が可能な世代でもあるので、大規模接種会場の1日1500人枠はすでに満員になっていました。急遽1日500人増加で、1日2000人になりましたが、それでも即日に満員になっていました。

次回は、6月28日より7月5日の週の予約が始まります。

かなりの争奪戦になるのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました